整形外科とは        
リウマチ治療 スポーツ整形外科 リハビリテーション
骨粗しょう症治療 腰痛・仙腸関節障害 陥入爪治療

 スポーツ整形外科


最近は年齢にかかわらずいろいろなスポーツを楽しむ方が増えていますが、それに伴いスポーツによるケガや障害も増えてきています。

当クリニックでは以下のような治療に積極的に取り組んでいます。

【主なスポーツ外傷】
骨折、脱臼、 捻挫、肉離れ、突き指、膝の靭帯損傷、半月板損傷など

【主なスポーツ障害】
野球肘、投球障害、ランニング障害、シンスプリント、オスグッド病、腸脛靭帯炎、腰椎分離症など

【治療・訓練・指導・投球フォームチェックなど】
各種目へ早期復帰するための治療と練習メニューの指導
理学療法士(PT)やアスレチックトレーナ(AT)による運動療法とコンディショニングの指導
テーピング指導:治療用、再発予防のための個別のテーピングを指導
高齢者運動指導:腰痛、関節痛などを有している方への運動指導・注意事項の指示



「骨が伸びるときは痛いらしい」
「スポーツをやっていれば少々痛いのは当たり前」
「お父さんも子どもの頃はそうだった」・・・などという話を患者さんやそのご家族から度々伺いますが本当でしょうか?
本当の成長痛とは、ほとんどが日中の活発な運動による疲れ、だるさが脚の痛みとして出たもので、さらに心理的な不安や、自立心の成長度合いがこの ”痛み”を強く表現させるといわれています。脚や膝などを痛がったとき、脚に腫れ・傷・熱がなかったり、触っても強く痛がらないようであれば心配はいりません。しかし、痛がる回数が多かったり、日中痛がる、歩きたがらないなどの症状がある場合は早めに受診してください。


 テーピング指導


治療用、再発予防のための個別テーピングを指導を行っています。

足関節捻挫、突き指、肩関節痛、肘関節痛、膝靭帯捻挫、外反母趾、扁平足障害など

特に運動をされる方は、痛めてしまった部分をかばったりすることで他の部分へ影響が出たりしないよう、正しくしっかりとテーピングすることはとても大切です。
個人個人の症状に併せてご指導致しますのでぜひご相談ください。


「痛いときには冷やした方が良いのですか?それとも温めた方が良いのですか?」
外来でも毎日の様に尋ねられる質問です。
原則的には急性期のケガ(打ち身、捻挫など)の場合には冷やし、腰痛や慢性的な痛みに対しては温める方が良いです。
不安な場合は遠慮なくお尋ねください。

 
治療のご案内
治療機器のご紹介
検査・病診連携について
整形外科 Q&A